青木元太のひとことブログ

Twitter以上、ブログ未満な内容です。

遺伝子・神経科学から考える「行動を変える方法」

糖質制限を理想的な栄養バランスで続けられるKETONを販売しております期間限定セール中です。https://www.amazon.co.jp/KETON-ver2-0/dp/B08726BRK5


さて、どうすれば行動は変わっていくのでしょう。このブログでお伝えしたいのは単なる自己啓発的な内容ではなく、また僕だけに当てはまる内容ではありません。科学的な観点から考えてみようと思います。

このブログが自己啓発本のように、喉越しを楽しむ清涼飲料水の様にならないことを願います。


まず、僕の考えを受け入れてもらう為に皆さんには絶望してもらいます。それは「人間は特別な生物ではない」ということです。

人間は自身が持つ、物事を深く考えられること(意識)を特別に考えています。人間は物語が大好きです。ただしそれは妄想に過ぎません。

人間が考えた宗教について。死後の世界には閻魔大王様がいる、神様がいる云々言われています。人間は死んだ後、人間の様に二足歩行で二つの腕、声帯を持ち言語でコミュニケーションをとる大きな人間に裁かれると想像しています。しかし、これは如何にも人間が考えそうなことです。コミュニケーションの方法だってイルカの様に超音波もあるでしょう。蟻のように触覚での意思疎通も考えられます。なのに、何故か人間の様に言語でのコミュニケーションです。

また、人間の霊を見る人はいるけど、何故か人間に近いオランウータンの霊を見ません。一体何故なのでしょうか。

悲しいかな、人間を特別だと思っているのは妄想です。人間は物語を作るのが好きだから妄想をしているに過ぎないのです。地球は太陽の周りを回っているのに、それを知らずに天道説を信じていたようなものです。

更に人間が特別ではない件について。

人間を特別だと考える理由は、人間に高度な情報の処理機能である「意識」があるからです。意識は無意識をイメージ化して追体験する為に後からつけられた機能という仮説があります。


生物は、外部の刺激に反応したり(例、蟻の行列にチョコレートをやると列を乱して反応するし、列に砂をかけると大慌てする)、遺伝子情報から本能を授かり、そのマニュアルに忠実に生きています。無意識・反射の世界です。

そして、同様です。人間は無意識の世界で生きています。人間も他の生物と基本的に同じで、感覚器官で外からの「 情報」をインプットして、脳で処理。そして行動器官を通じてアウトプットする機械に過ぎないのです。
 
改めて言いますが人間は「情報」を処理する機械に過ぎません。人間は特別な生命体の様に考えがちですが、そんなことはありません。基本的に脳が情報を処理する主体で、手や足、目鼻口は脳が外部環境の情報を知るためセンサーなのです。

人間の意識が如何に特別な物ではないかについて。新しい環境からの情報を、蓄積した過去の経験を参照して脳が処理すること。これは他の生物も同じ様にやっていますが、意識とはこれを追体験しイメージ化しているに過ぎないのです。自由意志の話にもなりますが、僕たちは自分の意思で行動している様で、脳が既に勝手に既に決めた行動をあたかも自分で決断したと錯覚しているに過ぎないのです。驚きですよね。ソースは「意識は傍観者である」

初めて行く道は外部の状況(情報)とそれまでの経験を参照し学びながら歩いていきますが、2.3回経験すると無意識にそれを行える様になります。歩きスマホしながら目的地にたどり着けるのがその証拠です。自転車の運転や、歩くことだって、意識的に試行錯誤(筋肉や重心の情報を処理)していましたが経験すると無意識に行えるようになります。

つまり、人間は外部の情報を処理し続けることで意識がアクセスできない無意識という領域で行動が変化するようになるのです。しかも、その無意識の行動が生活の大部分を占めるのです。


また、科学的にも「遺伝子は環境を通じて」が定説です。

我々はある程度、先祖、両親からの「遺伝子」によって潜在的な個性(形質)が決まります。しかし、それが実際の個性として現れるのは環境による刺激(情報)を受けてのことです。

たとえ音感と手先の筋肉の繊細さが優れ、ピアノの才能があっても、ピアノを弾くという経験(脳にとって外部の情報)が無ければ才能は発現しません。


ではどうすれば僕たちの行動を変えられるのか。
まとめると。
・人間の生活の大部分は無意識の行動
・無意識は脳が外部からの情報を処理した結果

つまり、望ましい情報を処理すれば良いのです。
換言すると、貴方が変わりたいならそれに類する情報を取り続ければ良いのです。脳に情報をインプットし、処理させるのです。情報の種類は、体験に基づくもの(経験)や本などのメディア情報もあるでしょう。

それを続けると、無意識にできるようになり行動が変わり、生活が変わっていくのだと言えます。
実際に、脳が新しい刺激を受けると脳のニューロン達(神経)が新しい回路を作って伝達を始めるのです。

遺伝子は自力でどうにもならないけど、環境(情報)によって十分僕たちは変われると言えます。ただ難しいのは、僕たちの現在の行動は生まれてから今に至るまで、既に大量に環境からの情報が蓄積されていて無意識のレベルであらゆる行動が制御されています。ある程度遺伝の影響はあるにしても、今までの情報に基づく無意識な領域が、その人の向き不向きや好き嫌いに繋がっているのではないでしょうか。


だから最初は無理矢理にでもなりたい自分の理想の行動を取り続ける。その経験を脳にインプットさせて無意識のレベルにまで落とし込むのが良いのではないかと思います。


結論としては、
行動を変えたいなら、なりたい自分の行動の真似をすれば良い。それが無意識にできる様になれば、貴方が変わったということです。

今日はこの辺で。
では。

「ファミリーゲーム 」 は小学生時代を思い出させる、夏におすすめの映画です。

糖質制限ダイエットを完全な栄養バランスでサポートする KETONを https://keton.jp/ 販売しています。

Twitter https://mobile.twitter.com/keton_boss



さて今日は映画紹介です。

YouTubeで要約動画が掲載されています。

https://m.youtube.com/watch?v=LFVDgFARCV8&feature=youtu.be


とある双子が幼い時に親の離婚によって離れ離れになったが、サマーキャンプで再会を果たし、再婚させようとするお話です。


この映画の主人公の女の子は一人二役です。僕には分からないですが、彼女はイギリス英語とアメリカ英語を使い分けて演じているそうです。


実際にフルバージョンを購入して閲覧していますが、サマーキャンプの生活感が何ともエモい。昔経験した、林間学校のような何とも懐かしい気分になります。ストーリーに引き込まれる様に見入っています。良かったらyoutubeを見てみてね。


では!

「ファミリーゲーム 」 は小学生時代を思い出させる、夏におすすめの映画です。

糖質制限ダイエットを完全な栄養バランスでサポートする KETONを https://keton.jp/ 販売しています。

Twitter https://mobile.twitter.com/keton_boss



さて今日は映画紹介です。

YouTubeで要約動画が掲載されています。

https://m.youtube.com/watch?v=LFVDgFARCV8&feature=youtu.be


とある双子が幼い時に親の離婚によって離れ離れになったが、サマーキャンプで再会を果たし、再婚させようとするお話です。


この映画の主人公の女の子は一人二役です。僕には分からないですが、彼女はイギリス英語とアメリカ英語を使い分けて演じているそうです。


実際にフルバージョンを購入して閲覧していますが、サマーキャンプの生活感が何ともエモい。昔経験した、林間学校のような何とも懐かしい気分になります。ストーリーに引き込まれる様に見入っています。良かったらyoutubeを見てみてね。


では!

今となっては笑える話。金欠・ニート編

KETON 公式ショップ https://keton.jp/

Twitter https://mobile.twitter.com/keton_boss

 

時は遡り2018年3月。

僕が大学を卒業した当時のお話です。

早稲田大学を卒業と同時に起業」なんて書くとそれっぽいですが、とんでもない。僕の社会人はニートから始まったと言っても過言ではありません。


 まずは当時についてお話しします。

起業と言っても最初は何もありません。人脈も無いし、お金も2.30万(奨学金を含む)からのスタートです。取引先をHPから検索、問い合わせすることからスタートしました。


さて、契約先の工場でKETON https://keton.jp/

を作り始めました。しかし当時の誤算は、作り始めたは良いものの、予想以上に時間がかかった事です。


大雑把に、食品の製品化は、取引先にレシピを伝える、試作する、本生産の流れなのですが、試作品を送ってもらうための工場ライン確保に1ヶ月、味がダメだったら再試作で1ヶ月。と永遠に時間がかかります。

 

僕の場合、数回試作のやり取りをしていたので、それだけで2-3ヶ月。更に、本生産でまた時間が取られます。勿論、合間を縫ってパッケージの買付やデザイン、写真撮影などをこなします。

結局、アイデアが形になりAmazonで売り出せるようになったのは何と5ヶ月後でした。

 

その間は僕は無収入。無職、ニートのような状態です。試作品を作ってもらっている間は、本当に仕事がありません。1日、いや1週間に数件、取引先とメールを行うのが唯一の仕事です。


なので、毎日散歩をして時間を潰す日々。金欠ですので大好きなコンビニで存分に買い物できません。暇すぎて、一日中歩いて見知らぬ街へ冒険したこともあります。どんなに炎天下の時でも散歩をしました。家に篭っているとどんどん悲観的な気分になって精神が保ちません。なので当時の夏は日焼けが特に酷かったです。また、近所のTSUTAYAに入り浸り、「世界の歩き方」を立ち読みして妄想したり、借りる気もない(DVDプレーヤーがない)のに無駄に新作情報や、面白そうな映画をチェックしていました。TSUTAYAは1日に3回以上がデフォ。 店員からすると変な客です。

 

因みに、当時着ていた服は100均の400円のカッターシャツ。笑

 

さて、ニートを経験した人が居たらわかるかも知れませんが、土日は心なしか気が楽ではないですか?笑。皆がお休みの日だから心が救われます。この2日だけはニートではなく、休日気分でいられます。それも全部、内側から湧き上がってくる罪悪感に振り回されているだけなのですが。笑



僕が思うに、ニート生活で焦燥感に駆られないのは、一種の才能です。馬鹿にしてるわけでは全然ないのですが、ニートを心から満喫できるのは勝ち組だと思います。使えるお金は少ないかも知れませんが、youtubeNetflixなど低価格で楽しめる

サービスは沢山あります。余暇を自分が心から楽しいと感じながら過ごせるのは素晴らしいことです。人間にとって結構質の良い、理想的な暮らしではないでしょうか。

 

僕のニート生活は今となっては良い思い出です。僕のビジネスアイデアや、あれやりたい・これやりたいのビジョン、更には自分の格言(恥ずかしいですが、自分なりの人生哲学のような物)は、あの時の途方もない散歩時間で閃いたり、考えたりしたものです。


しかし、当時の焦りはかなりの物でした。特に早稲田卒からのニートは、プライドにグサッときました笑。だって同じゼミの仲間は、外資系金融😎💰・外資コンサルティングファーム😎💰・日系大手メーカー😊💰・ソフトバンク😃💰などなど。その中で、ニートですから笑。因みに今の僕にはそんなプライドはありません。如何に毎日を幸せに生きれるかを考えて生活しています。


ただ今思い返すと、とても愛おしく、充実した時間だったように思います。

 

僕はこのようにニート経験がありますので正直に語りますが、結論としてニート生活は悪くありません。周りがどう思うか。より正確に言うと「周りがどう思っているだろうか勝手に想像」する事でニート生活は虚しくなります。


やたら敵が多いニート生活ですが、それを気にしない人はやはり勝ち組です。皆がお金を稼ぐ理由は、働かないで自分の趣味に没頭したり、気ままに生きる状態を実現したいからではないでしょうか。つまり、稼いで豊かな老後を楽しみたいのです。だけど、ニートはその夢を最速で義務教育後から達成できます。


皆の人生の目標を、50年くらい早く達成できるのです。


僕はニートの味方です。就職が嫌だ、人生をドロップアウトしたいと考えたら、人生の避難所としてのニートはありだと思います。


僕はこれからの時代、少しでも死にたいと思ったらニートになるべきだと思います。少しでも無理だと思ったら自分でニートも良いよねと肯定してみる。


そこは割り切ってしまいましょう。ニートになれば良いと考える(勿論実際ニートになるのも大賛成)


何故なら自殺は突発的だからです。鬱状態に酒が入ると、割と簡単に人は死にます。


0か1かのデジタル的な思考に染まっている我々ですが、実は生と死の境目は曖昧です。この世はグラデーション(変わり様が緩やか)で出来ているので、ここまでは我慢しても大丈夫という線引き(ライン)はありません。いつのまにか歩いている土地の色が白から黒に変わっているのです。



仕事も趣味の一つとして、働きたい人だけ働く状況にならば皆精神的に豊かになると思いませんか?僕はそんな状況になればいいなと思います。


それを解決するアイデアもありますので早いうちに実行したいと思います。

 

僕はそんな感じの社会人スタートでした。

今日はこの辺で。

 

 

「メール・ミー」というアプリ、お勧め。

Twitterフォローしてね。 https://mobile.twitter.com/keton_boss

KETON 公式サイト

https://keton.jp/



今日は特に書きたい事がないのでアプリのご紹介。

「メール・ミー」はメモを書け、それをメールできるアプリです。https://applinote.com/ios/app/620738/

f:id:snack-candy:20200723175145p:plain


思いついた事や今日のタスクなんかをメモして、右上の送信マークを押すと、予め登録したメールアドレスに送信される仕組みです。シンプルで僕好みのアプリです。


また、ネットサーフィン中に保存したいと思った場合でも活躍します。

f:id:snack-candy:20200723180039j:plain

共有ボタンから呼び出すと、見ているURLをメールしてくれます。


カレンダーやリマインドアプリを使うより便利かもしれません。


では、今日はこれで!


要約ビジネスは流行ると思う。SLICE NEWS

KETONサイトhttps://keton.jp/

 Twitter https://mobile.twitter.com/keton_boss

 

要約っていいなぁと考え調べていたら出会いました。https://slicenews.net/

 

SLICENEWSです。

記事を自動で要約して表示してくれます。

とても効率的にニュースが読める優れものです。

f:id:snack-candy:20200722183948j:plain

 


さて、本をそのまま読むのも大切ですが、何せ本は読むのに時間がかかります。なので本の要約サービスは需要が高いのではないでしょうか?特に僕は効率的に本を読みたいので要約サービがあれば重宝します。


さて、本の要約のビジネスモデルを思いついたのでお伝えします。


まず、現在本の要約サービスはflierがあります。

https://www.flierinc.com/

月に30冊ほど新しい要約が追加されるサブスク型サービスです。要約の質を保つ為に運営会社の社員か外注のライターで出版しているのだと思います。

 

契約した事がありますが、要約の質は高いです。ただし、網羅性が低いのが難点。読みたい本が少ないのは事実。最新のビジネス書は要約されていますが、全ての本と言うわけではありません。

 

要約の網羅性を高めるには視聴者・ユーザー要約できるシステムが良いでしょう。参考になるのは「読書メーター」です。https://bookmeter.com/

このサイトは、ユーザーが本の感想を書けるサービスです。そして何より感想の網羅性が高いです。Amazonのレビューのように殆どの本に感想が書かれています。


このシステムを真似たサービスなら上手くいくのではないかと思います。本の網羅性(量)はユーザーが書くことによって解決できるでしょう。

 

次に、質です。開発する要約サービスは読書メーターのように、1つの本につき多数のユーザーが要約をします。そして、多数のユーザーの要約の中から優れている要約をトップに表示するのです。トップに上がる仕組みは「役に立ったボタン」等を用意し、客観的な評価で順位が決まる仕組みです。これで質を確保できるのではないでしょうか。


また、誰でも体裁が均一になる様にテンプレートがあると良いでしょう。


また、著作権法に触れないようにSLICE NEWSのように三行くらいの短さがいいかもしれません。

 

そのようにすれば本の要約 サイトが出来上がると思います。


どうでしょう?

 良かったらTwitterのフォローをお願いします。

https://mobile.twitter.com/keton_boss


出口治明さんの記事に感銘を受けました

今日こんな記事を読みました。https://logmi.jp/business/articles/323085

出口治明さんはライフネット生命の創業者さんです。実は在学中に講演に来ていただいて直接お話を聞いたことがあります。

 

さて、記事に書かれていた内容は物事の正解を知るためには、歴史・世界・数学の3観点から考えなさい、ということ。


例えば、菜食主義について

歴史は「たて 」の概念です。日本人は漁民で魚や貝を食べる文化があります。

世界は、「よこ」の概念です。世界全体的に宗教上の理由で肉を食べない所もありますが、牛・鳥・豚は世界各所で家畜化されています。

数学は、エビデンスです。食品のタンパク質の質のことをアミノ酸スコアと言います。食品の中にどれくらい必須アミノ酸(体で作れない、食品から摂取すべきアミノ酸が)含まれているかを指標にしています。このアミノ酸スコアが高いのは植物性より動物性の食品なのです。

つまり、菜食主義は信条・イデオロギーの問題で、きちんと考えると肉食は誤りではないということです。

 

出口さんは、たて・よこ・算数で考えなさいとおっしゃっています。たては歴史。脳自体日本では弥生時代から変化がないそう。なのでその時代を参照して考える。よこは世界。科学的に人種間に人間としての差はないそう。なので世界を参照して考える。算数はエビデンス。科学的に正しいことはどの時代・どの地域でも共通して正しいので、エビデンスを参照して考える。

 

なるほどなぁと感銘を受けた次第です。