青木元太のひとことブログ

Twitter以上、ブログ未満な内容です。

人間は脳科学的に自由っぽい。

2chまとめサイトを徘徊していて、おっ と思ったのが「自由意志」についてです。

人間が何かをする時、例えばテレビをつける時を考えてみましょう。僕たちはまず、「テレビをつけようと意識」し、それからリモコンの電源ボタンを押すと考えますよね。

 

つまり、

1. 電源をつけよう!と意識する

2. つけるために、脳が手に信号を伝える

3.手が動く

 

こんな感じになっていると考えています。

しかし、「ベンジャミン・リベット」という生理学者の実験では、「電源をつけよう!」の前に、脳が信号を送っていることが分かったのです。

 

つまり、

1.脳が手に信号を伝える

2.電源をつけよう!と意識をする

3.手が動く

 

f:id:snack-candy:20200714015841j:image

これ、Mr.Brainというキムタクと綾瀬はるかがドラマの中で同じ実験をやっていたなぁと。拾い画です。

 

こんな流れになっているそう。ここまでが2chで見た話。これ聞いたときは.「えぇ...これがもし本当なら人間も昆虫と同様に外の刺激に無意識に反応する機械みたいなもんじゃん」、意識はおまけに過ぎないのかと。そしてちょっと調べてみると、意識は傍観者で、意識は経験した物事を感情と結びつけて記憶する為に、備わったもの、という説もあるそう。なので生まれた時からある程度人生は決まっている決定論のような感じなのかと半ば残念な気持ちになったのです。逆に全ての人間・モノの動き、そして相互作用も全て把握できれば未来もほぼ完璧に予想できるのかななんて妄想してみました。

 

しかし、だらだらと書いてきましたが、2の実際に電源を入れようと意識するタイミングと3の手が動くタイミングの間には0.2秒くらいのラグがあってこの間は意識の力によって行動を止めることはできる。つまり自由意志は存在する。という考えもあるそう。

 

面白いですよねぇ。いろいろと読んでみますわ!

参考文献

「WIRED 『自由意志』は存在する (ただし、ほんの0.2秒だけ。)」

https://wired.jp/2016/06/13/free-will-research/