青木元太のひとことブログ

Twitter以上、ブログ未満な内容です。

KETON公式サイトオープンしたいのに...トラブル

今日は7月16日で、明日やっと公式サイトがオープンできそうです。ドメインはketon.jp、シンプルでカッコいいでしょ?このKETONと言うのは、糖質制限をした時に出るエネルギー物質、ケトン体(ketone bodies)を文字って作りました。KETONEより、KETONの方がカッコ良かったので、Eを省略しました。

 

ここ数ヶ月間コツコツとサイト作りを頑張って来てやっと公開できるぞ、という矢先にちょっとしたトラブル。肝心なドメインがうまく表示されない状態です。そんなに深刻なものではないのですが、機械系のトラブルは本当にうんざりします。

 


さて、話を戻して少しだけ栄養学についてお話しをします。皆さんの主食である炭水化物についての豆知識です。炭水化物は白い物ほど(白米・小麦・白砂糖など)精製されていて実はカロリーが高いだけでビタミンやミネラル、食物繊維などの微量栄養素が少ないのです。


また、精製された食べ物は、食物繊維が少ないために血糖値を急激に上げやすいのです。どういうことかと言うと、炭水化物(グルコースブドウ糖)を食べると胃から血中へグルコースが流れ出ます。グルコース自体は体の栄養素なので特に問題は無いのですが、精製された炭水化物を取ると人によっては(糖尿病の人・血糖値を下げる機能が低下している人)血糖値スパイクという血管を損傷する状態になってしまいます。イメージとしては、ウォータースライダー(血管)で滑る人(グルコース)の勢いが早過ぎて、ウォータースライダーの中の壁に右へ左へぐわんぐわんぶち当たっている状態です。


普通の人なら血糖値が上がっても、インスリンという血糖値を下げるホルモンが出るので、ある程度までしか血糖値が上がりません。ですので血糖値スパイクは起きないのですが、糖尿病の人はインスリンが出にくいまたは、効きにくいので精製炭水化物の摂取は控えるべきだと考えられています。


更に付け加えると、糖尿病は合併症が怖い。血糖値スパイクは血管を傷つけるので、心臓病や脳の血管疾患につながったりします。


まとめると

炭水化物はヒトの貴重な栄養素です。ですが、日常なの中で意識的に「精製」炭水化物を摂る量を減らしてみてはいかがでしょう。まずは炭酸飲料から始めましょう!因みに僕はコカコーラなどのジュース類はもっぱら人工甘味料のものを飲んでいます。あとは炭水化物を食べるなら、なるべく茶色い物(玄米・全粒粉パスタ)を食べると良いでしょう!

全粒粉パスタは意外と美味しいですよ!

おすすめ貼っておきますね





次回は

欧米人はアジア人に比べて太っている人が多いですが、これもインスリンの能力の差によるものだと言われています。何故彼らはあそこまでは取れるのか。この話は面白いのでまた明日お話しできればなと思います。